未分類

ミノキシジルという発毛の塗り薬について


ミノキシジルという発毛の薬の塗り薬について、ある程度細かくお話していきたいと思います

一般の薬局でも売ってる場合もありますし、ネットでも手に入ります。さらにAGAの専門のクリニックなどでも使用されております。

一般の方が、まず普通に手に入れられる手段に関してのアドバイスをしていきたいと思います

値段を考えて、一生懸命、安いのを探すのですけれど、もし効けば一番良いのですが、問題を若干考慮した方が良い場合がありますので、その点だけちょっと知っておいて損はないと思います。

一番有名なのは、「リアップ」っていう薬なんですね

男性用と言いいますと、5パーセントというのがありまして、リアップX5(エックスファイブ)というのがあります

あと、スカルプDというのがあるんですけれども

この2つはメジャーなんだと思います

この二つは、「ポリエチレングリコール」というものが入っておらず、おそらく一番副作用が少ないと思われます。

他のものはこの「ポリエチレングリコール」(polyethylene glycol)が、皆、使ってあるんです。

入ってるのは、成分を液状にするのに、どうしてもポリエチレングリコールがあったほうが簡単なんですね。

使われている場合は多く、特に安くする場合には使っておかないと、なかなか難しいんじゃないかと思います。

他のは、もうだから(ポリエチレングリコール)使っておりますから、値段が安ければ安いほど、という尺度で選んでいいんじゃないかと思います。

けれど、もし、「かゆみ」が出た場合とか、もし「かゆみ」が出やすい場合は、最初からこの二つの薬をご選択されてた方が賢いかもしれません。

ここまでは、主に男性のことを主に申し上げました。

けれど、女性ももちろん使えますし、女性の方がミノキシジルとよく聞きますので、「リアップの女性用」文で探したら、「ポリエチレングリコール」が入ってないものが確かあります。

俺はあの多分、ネットでよく調べてたら、ちゃんと書いてくれているサイトもありました。

しかし、全部は全部書いてなくて、値段ばかり気にされてる方を見ますので、この2つだけはちょっと違うんだっていうことで、安全を考えるんであれば、この二つを使ってたい方が、痒みは出にくいっていう可能性はあります。

難しいところですが、何度も何度も使っているから、副作用が出やすくなります。

今まで使いて、大丈夫だから大丈夫っていうのは、ちょっと違うんですね

ずっと使ってるから、副作用が出やすくなるものもあります。

それを考えると、「リアップX5」とか「スカルプD」は自分は悪くはないんじゃないかと思いました。

値段的には、1番高めです。

今、紹介したものは、一般的に手に入るのです。薬局やネットで手に入ると思います

AGAクリニック専門のクリニックなどでは、もうちょっと濃度が濃いのを使ってるところがあると思います

日本で販売されてるものは、男性だったら50パーセントまでです。

海外の分は、個人輸入まで含めますと15パーセントとか、16パーセントとかすごい濃いのもあるんですが、濃かったら濃いほど良いというわけでもありません。

濃いと、副作用が出やすくなる可能性がら高いんです。

ですから例えばお値段が一緒だったら、濃い方がいいんじゃないかと多分考える方もおられると思いますが、薄いものでもし聞いてるんだったら濃いのには無理に手を出さないほうがいいわけです

男性のも1パーセントのもあると思うんですけども、薄くて効いているんだったらそれでも良いっていう可能性もあります

誰しも濃かったら良い、という問題ではなくて、もし一度でもそのかゆみが出たりしますと、その後、止めたり薄くしたりしても、もう1回使えた時に痒みが出やすくなる可能性が高いんですね

そこが分かりにくいんですね

やめたら良くなるんじゃないか、とかいう風になるんですけど、もう1回反応が出てしまった場合は、その後反応がとても出やすくなります。

はい

カユミというのは、なるべくなら起こさないように使用されていた方が賢いんです

だから、最低濃度が一番いいんですけれど、男性の場合は5パーセントは使った方がいいでしょう

専門のクリニックだったら、もうちょっとだけ濃いのは、6.5パーセントぐらい入ってるおすすめされるんじゃないかな、と思うんです

6.5パーセントが、統計上的には効果が一番高く、副作用は出にくいようなのだと聞いていますので、そういう設定になってるんじゃないかと思います

後は、普通は市販のものについて1日1回となってるのもあるかもしれませんけれど、朝と夜2回使われた方が効果は出やすいんですが、2回塗ったら2倍効果が出るって訳ではありません

2回もし、ちゃんと塗った場合に効果に関して言うと、90パーセントから95パーセントぐらいは効いてくるようなんです。

不適切かもしれませんけど、ものすごく薄毛がひどくなって、つるっぱげに近いような状態になってきた場合に関していうと、当然ながらこの塗り薬はそこまで効かないと思います

ある程度髪が残ってる状態だった場合は、効果があるのは間違いないんです。

使うのであれば、早めに使い始めた方が賢明だなっていうことになります

何かご質問ありますか

二つあるんですけど

【問】「ポリエチレングリコール」っていうのは、安いものに入ってる可能性が高くて、使っていない商品の方が自分達の身体的にいいですよっていうことなんですね

もうちょっと細かく言うとですね、化粧品の類には、ほとんどポリエチレングリコールが入ってるんです。塗り薬にするものは、これがないととても大変みたいでです。これに対してアレルギーとか、合わないと言う人がある程度いるので、ポリエチレングリコールが入ってないものを作ると、ものすごく費用がかかる、ということなんですね

合わない人に関しても、こういう選択肢もないといけないし、ずっと使うようになる薬じゃないですか。使い始めたとしたら、一生使って行った方がいいっていう風になる可能性もある薬になった場合んですね

アレルギーの問題を考えますと、アレルギーはなるべき起こらないほうがいいっていう発想だと、ポリエチレングリコールが入ってない方が、より良いかもしれないっていうことだと思います。

「ポリエチレングリコール」が入ってるから、全員かゆみが出る、というようなことは、全然ないです

【問】広い薄毛のところで、広い面積の方だと、ちょっと効果が弱いっていうのか、効果が薄くなっちゃうのか理由なんですか?

ある程度は、毛が残ってないと、やはり難しいっていうのがあるのですね

全然、毛がなくなって毛穴がだけ残ってるような状態ですと、かなり強い力がないと新しく生えてこないと思うんですね

だから塗り薬だとちょっと興奮が弱いんじゃないかなと思うんです。

はいごめんもう一個何でしたっけ

【問】広い面積が薄毛の人は、ミノキシジル以外のはどういう選択肢があるのかっていうのを、簡単にでも聞けたらなと思っています

また別の動画でお話ししないといけないんですけど、特殊な治療になると思うのです。

AGAの専門のクリニックなどに行かないと、手段としてはありません。

具体的に言いますと、多分細い針などで発毛のお薬とか、成長因子なんかを注射するというのが、皆さんに一番わかりやすいわかりやすい説明になるんじゃないかと思いますね

選択肢はもちろんありますけど、これはもう一般の人ではどうにもこうにもできませんし、専門医で相談してやる治療なんですね

専門のクリニックじゃないとできないし、費用もそれなりに高くなります

はいありがとうございました


   未分類