未分類

普通の皮膚科とAGAの専門クリニックは、どう違うのか


今日は普通の皮膚科とAGAの専門クリニックは、どう違うのかっていうことを簡単に申し上げて、注意点その他を話したいと思います。

前の動画でも少し話したかもしれませんが、皮膚科と言うのは、実は患者さん一人当たりのの診療単価ってのが高くはないので、かなりたくさんの患者さん来ないと経営的には難しい部分があります。

流行ってる先生のところは、大体1日最低でも100人以上は来てるはずなのですね。多いと多分、300人とか来てると思います、1日にです。

単純に割ると、そんなに長く1人に時間かけられないんです。

それは、それがあるということは、わかってたは賢いんですよ。

評判の良い先生のところには、当然患者さん多いわけですよ。

そうすると、患者さんの数が多いっていうことは、一人当たりに割ける時間は、どんどん短くなることが前提にあります。

お話を、よく聞いてくれるほど暇な先生のところは、そこまで評判が良くないってことになります。

一般的には皮膚科の専門の先生が、AGAの専門のクリニック以外だったら、一番詳しいと思うんですけれど、いちいち、ちゃんとご説明していると、とても終わらないんですよね。

ですから、頭の髪の毛でご相談に行った時は、「では、この薬使ってみて」とか言う感じになる場合が多いので、1回目に全部結論を出すのは無理なんですね。

まず使った後にどんなふうになるかとか、そういう事をまず考えて頂くのと、これは他の科の場合も重要なので、強く申し上げますけれど、例えば「この薬を出します」とか、「これで様子見てください」って言った時は、「良かったら来なくていいですよ」って言われない限り、お薬がなくなったら行かないとわからないんです。

なんでかと言うと、お薬がどんなふうに聞いたかとか、どんなふうに変わったかとかで判断することになります、特に皮膚科系統は。

他の科でも似てますけれど、皮膚科は特に、見て判断というのは非常に多いので、「良くなりました」と患者さんが言ってるのと、我々が見て、要するに医者が診て「良くなった」というのと全然違っている場合がよくあります。

そこの要点がやはり分からないと判断できませんので、見せないとわからないってことだけはわかってた方が良いのでお薬が出てなくなる時には、必ず一回見てもらった上で、後どうしたらいいか、来ないといけないのか、また薬を使った方がいいのか、質問して返事を簡単にもらって、「これは、どんな感じが考えられますか」というのことを簡単に聞いて、さらっと引き下がるが一番賢いやり方です。

詳しく聞くためには、かなりご自分で勉強しておかないといけないのと、例えば「よくわからない」って言った場合には、「可能性は病気としてはどういうのがありますか」ということ聞いておいて、自分で調べた上で、また対応を考えるということが、一番よろしいと思います。

ここまでは、普通の皮膚科の方ですね。

AGA専門に関していうと、やはり患者さん来てほしいわけです。たくさん来てほしいので、きちんと見てくれると思うんです。これはもう間違いないですね。

なるべくなら治療に入ってもらわないと売上上がりませんので、当然慈善事業じゃありません営利企業ですから。

説明してできれば治療して欲しい、っていう感じになりますから、とても親切にしてくれます。

けれども、どうしてもやはり「どっちかな」って時、例えば普通の皮膚科だったら「様子を見ておいて悪くなったら来てくださいね」っていう場合でも、軽くても治療早く始めたほうが当然良いのいですから、「どっちかな」というときは、AGAの専門クリニックなどは、「治療したほうが良いですよ」となる可能性が高いという事になります。

ここが大きな差ですね

普通の全般のことにもう1回戻りますけれど、頭の中でパッとまとめられる方ばかりではないと思います。

すごく重要なことは、メモにまとめて書いておくことですが、その時は要点です。長くメモは書いちゃダメです。

たくさん書いても無理なんですね。

医者も聞いたことをカルテに書くのに、かなり長い前から・・・とかといろんな文章入れなくてですね。

基本的には、いつから、どんな風に悪くて、今のようになり、どうなんだろう、とかいう感じで本当に短く書いた方がいいと思います。

何かご質問ありますか

【問】私は結構気を使うタイプなので、忙しそうだとあんまり聞きたいけれど聞けないタイプなので、じっくり聞いてもらえるなら、AGAクリニックの方がいいのかなって思ったりもしました。

その通りだと思うんですね。

ただ、AGAの専門クリニックは、どこでもないと思います。

家の近くにあれば、最初から選択肢はそちらでいいと思うんですけれど、

ない場合にどうするかってことになると、皮膚科の専門のクリニックに行ってご相談するのが、一番早いのかもしれません。

だから私が勤めていた時も、かなり遠くからわざわざと来られる方多いんですよね。

県をまたいで来られてる方とかも。どこでもここでもは、AGAの専門クリニックはないですね。

大きな都市部に、やはり集中している傾向がありますので。

時間と金銭的な問題もそこまでない場合は、皮膚科専門の先生の意見をまずは聞いて、ひとつだけですぐに決めないで。だいたい「今決めた方がお得です」とか、割安になったりとか確かにしますので、クロージングをかけてきますね、当たり前ですけど。

実際にお安くなるのは、そういう時にしたほうが安くなることもあります。まずは普通の皮膚科に行ってみるっていうのも、一つの手段にはなるということになりますね。

軽い気持ちで行ったらいいかもしれないですね。

「AGAなのでしょうか?」って聞いてと、「う~ん」とか「かもね」とかいう場合もあるでしょうし、先生のキャラクターにもよりますので、合う・合わないはありますね。

「運」があります、ハッキリ言うと。リサーチも必要ということですね。

分かりましたありがとうございました

ありがとうございました


   未分類